服を売るタイミングの基準とは?なかなか服を処分できない人必見です!

着なくなった服や不要な服をいつまでもクローゼットの中にしまっている人はたくさん居ると思います。

人間にとって洋服は必要不可欠なものですが、全く着ていない洋服は不用品なのではないでしょうか?

特に洋服を捨てるのに抵抗があるのは女性の方に多いと思います。

宅配買取サービスのブランディアを運営している「(株)デファクト・スタンダード」の調べによると、クローゼットや押し入れの中にある洋服の約7割は実際に着られていない服だと言う事です。

なぜこのような状況になっているのか、女性なら大体分かりますよね?

実際私も少し前までは、洋服を処分する事ができずに困っていました。

その理由は、

「置いておけばまた着るかも」

「思い入れの深い服だから捨てれない」

「高かったから処分するのはちょっと・・・」

などです。

大好きなブランドの服だし、気に入って購入した洋服だから捨てたくない!

と言うのがほとんどの方の心情なのではないでしょうか?

ですが、そのまま放置しておいても不要な服は溜まる一方で、いつまでたってもクローゼットは片付きませんし、新しい洋服の居場所がなくなってしまいます。

勿体ないと言う気持ちはよく分かりますが、自分の中で基準を決めて着ていない洋服は処分するようにしましょう。

処分すると言っても何も捨てるわけではなくて、買取をしてもらえば良いのです。

大切寝洋服だからこそゴミとして捨てりのは心苦しいと思いますが、必要としている人が買取してくれるのであれば心が痛む事もないでしょう。

スポンサーリンク

着ない服を売るタイミングの基準

着なくなった洋服に見切りをつけるには自分の中で基準やルールを決めると処分しやすくなります。

大切な服だと言う事はよくわかりますが、クローゼットの中に放置状態の方がもったいないので、自分で決めたルールに従って買取してもらうか処分するかしましょう。

着なくなってから1年以上2年未満の洋服は買取してもらう

着なくなってから1年以上経つ洋服は処分の対象になります。

人によっては1年、2年、3年といろいろありますが、私の場合は基本的に1年以上着なかった服は買取してもらうようにしています。

洋服の買取で高額査定が出やすい期間は、一般的に2年以内と言われていますので、なるべく購入してから2年以内に服を手放すようにしています。

特に流行りのデザインや色の問題もあるので、流行ものの洋服は早めに見切りをつけて売却した方が良いと思っています。

定番の型の場合は、慌てて手放す必要はないと思いますが、2年間着る事が一度もなかった場合は買取してもらった方が良いでしょう。

私の場合は、クローゼットがそれほど広くないので、1年以上着なかった場合はすぐに査定に出して買取してもらうようにしています。

例えば、夏に購入した洋服で、翌年の夏に一度も着る事が無かった場合は服の宅配買取サービスなどを利用して売るようにしています。

デザインが古くなった服

流行り物の洋服が好きな方は、デザインが古いと感じた時点ですぐに査定依頼するようにしましょう。

流行りは一時的なものなので、人気のある時期に手放すのが一番です。

その時は流行っていて良く着ていても、流行りが変化してしまうと着るのに抵抗が生まれてしまいます。

すると、全くと言っても良いほど着なくなっちゃうので、思い切って売ってしまった方が良いでしょう。

あまり着ていないから勿体ないと思ってしまう方も居るようですが、置いていても着る事は無いでしょうし、今だから売れる、美品だから高額査定になると思い、気持ちを切り替えて買取してもらうようにしましょう。

それに、常に流行は変化していきますので、まだ多少人気が残っているときに売ってしまった方が良いでしょう。

流行ものは特に時間が経てば経つほど価値が下がっていきますので、思い切りが必要になります。

サイズが合わない服

体型の変化でサイズが合わなくなってしまった服も売却した方が良いでしょう。

これは太ってしまった場合も痩せた場合も同じ事が言えますね!

ピチピチな服やブカブカな服を着ていても美しくありません。

特に、「ダイエットをして痩せたらまた着よう!」なんて考えで置いていても、いつになる事か分かりません。

たとえ元の体型に戻ったとしても、その時の流行に合っていなければ着る気も失せてしまいます。

ですから、サイズが合わない洋服も処分対象になりますので、査定依頼をして買取してもらうようにしましょう。

シミや変色が気になって着れない

大切な服ほど大事に保管しますが、保管環境が悪く稀にシミになっていたり、一部変色しているなんてことがあると思います。

特にメンテナンスが必要な服などにこのような変化が見られます。

こうなってしまうと、大好きな洋服でも着る気が失せてしまいますよね。

こんな時は、染み抜きなどを専門の業者に依頼してみると言うのも1つの手段ですが、完全に元通りになるかは分かりません。

こういう時は、思い切って買取してもらうようにしましょう。

大切なのは良く分かりますが、置いていても着る事がないのは目に見えています。

ですから、諦めて売ってしまい、新しい洋服を購入した方が良いでしょう。

年を感じてしまった場合

今までは普通に着ていた洋服でも、ふとした瞬間に年齢に合っていないと思う時があると思います。

その洋服を着て外出する事で居心地が悪かったり、恥ずかしいと言う気持ちになるのであれば、それは売り時と言う事です。

思い切って買取してもらうようにしましょう。

同じような洋服で古いもの

私もそうなのですが、それぞれの趣味があって同じような服を買ってしまう事が多々あると思います。

このような場合は、古いものを処分して新しいものを着用するようにするとクローゼットも片付いて良いでしょう。

以上のような服は置いていても着る事は無いでしょうし、いずれは捨ててしまう事になります。それなら、ゴミになってしまう前に買取してもらえばいくらかのお金になります。

その買取してもらったお金で新しい洋服を購入する事もできますし、生活費の足しやお小遣いになります。

大切な服を手放したくない気持ちはよくわかりますが、気合のであればそれは不用品同然なのではないでしょうか?自分の中で着ない服を売る基準やルールを決めておいて、思い切って買取してもらうようにしましょう。

>>フクウロの宅配買取サービスを利用して不要になった服を売った時の体験談

>>ウルウルの宅配買取サービスで着なくなった服を売ったときの体験談

服の宅配買取サービス人気ランキング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!