遺品整理は大変!?生前整理と言う方法もおすすめ!

故人様の遺品を形見として残すものと処分するものを仕分け整理することを遺品整理と言いますが、亡くなられてからでは大変な場合もあります。

そのような場合は「生前整理」と言う方法もおすすめになります。

例えば「子どもたちに迷惑はかけられない」と言う人も居ますし、生きている間に処分できるものは処分しておいた方が良いと言う場合もあります。

また、最愛のパートナーを亡くして数年経つのに気持ちの整理がつかずにそのままの状態になる場合もよくあるケースです。

思い出が詰った写真やアルバム、故人様の手作りの品、形見となるものを残すのは一般的ですが、処分した方が良い不用品も当然あると思います。

そのような不用品は、本人様が生きている間に処分しておいた方が楽な場合もあります。

生前整理を行うことで残された家族に迷惑がかからないと、生きている間に自ら生前整理を行う方も増えてきました。

そこで今回は、生前整理について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

生前整理の必要性について

生前整理は生きている間に残された家族に迷惑がかからないように不要な物を処分しておくことを言います。

生前整理をすることで残された家族に迷惑がかからない

今現在あなたが一人暮らしの高齢である場合は「生前整理」をしておいた方が良い場合もあります。

特に子供が独立して離れて暮らしている場合は、自分が亡くなった後の遺品整理がとても大変になりますので、生きている間に全てとは言いませんが残された家族が苦労しないためにも不必要なものは処分しておくべきでしょう。

また、自分以外に家族が居ない場合は亡くなった後に片づけをしてくれる人が居ないと思いますので、そのような場合も生前整理をしておくことをおすすめします。

生前整理をすることで残りの人生を身軽に生きていく事ができる

生前整理をすることで、本当に必要なものしか残りませんので残りの人生を身軽に生きていく事ができます。

不用品がなくなりスッキリした住空間に変わることで、さらに前向きな人生を歩むことができます。また、今後のためにバリアフリーに自宅を改装したいと言う場合も、不用品がごちゃごちゃしていると大変な場合もありますので、不要なものは処分した方が良いでしょう。

生前整理のやり方

生前整理のの良いところは、残された家族に苦労をかけない事と、残りの人生を身軽に生きることです。

生前整理にはたくさんのメリットがありますので、一度考えてみることをおすすめします。

それでは生前整理のやり方を見ていきましょう!

今ある財産を把握して目録を作る

まずは所有財産を確認して目録を作りましょう。

家や土地などの不動産はもちろん「現金・預貯金・有価証券・不動産の権利証・生命保険証書・車・宝石類・骨董品」等々財産になるものはたくさんありますが、今自分が所有している財産に何があるのかを把握して目録を作るようにしてください。

その目録には、その財産がある場所についても残された家族が分かるように記しておいてください。

そして、目録ができましたら「生前贈与」した方が良いのか、相続税は必要なのかを信頼できる弁護士や行政書士、司法書士等の専門家に相談するようにしてください。

また、生前贈与しない場合でも専門家に相談する事で「遺言状」等の相談にも応じてくれますので、相談する事をおすすめします。

残りの人生に必要な残したいものを選ぶ

残りの人生に必要な物を選ぶようにしてください。特に自分が亡くなった後で残された家族が処分に困りそうなものはなるべく処分しておいた方が良いでしょう。

不用品を処分して今の自分に本当に必要なものだけ残すようにしてください。例えば洋服やスーツなどはお気に入りの物だけを残して、1年以上着ていないものは今後も着ることは無いので処分するようにしましょう。

自分にとって思い出深い品物は写真に収めて処分すると言う方法もおすすめです。どうしても処分できない場合は置いておきましょう。

自分にとっては大切な品物でも、残された家族にとっては処分に困ってしまう場合もありますのでパートナーや家族に相談するのも良いと思います。

使っていないものは思い切って処分する

人間60年以上生きると不要なものが溜まってきます。

特に洋服なんかは着てもいないのにタンスの中に放置されたままと言うものが多いと思います。

他にも引き出物で貰ったけど未開封のままの品物もあると思います。

このようなものは思い切って捨ててしまいましょう!

先ほども言いましたが1年以上使用していないものは今後も使うことは無いので思い切って捨てることが大事になってきます。

それに、そんなものを残されても家族の人たちが苦労するだけなので、残された家族のためにも処分するようにしてください。

実際行動してみると不用品に囲まれた生活から解放されるので、部屋も心もスッキリして気持ちのいい生活が待っています。

生前整理で仕分けした不用品の処分はどうしたらいいのか

生前整理で仕分けした不用品の回収は、遺品整理業者か不用品買取業者に依頼しましょう。

遺品整理もおまかせの「エコノバ」なら最大5社を比較見積り!

エコノバは全国にある遺品整理業者や不用品回収業者に最大5社まで無料で一括査定できるとても便利なサービスになります。

もちろん利用料は完全無料で、査定費用も無料なので一番安い業者を簡単に見つけることができます。申し込みはたった2分で、エリア指定することで近所にある業者を一発検索!とにかく急ぎで業者を見付けたい時や、1円でも安く済ませたい場合にご活用ください。

全国の遺品整理業者5社に一括で無料見積り!

  1. 見積もりのみの申し込みOK
  2. 見積もり等の利用料が完全無料
  3. 不用品は遺品供養してから処分
  4. 他社で断られた場合も依頼可能
  5. 日本全国無料対応で最大5社に一括で査定依頼できる
  6. お申込みから最短即日で訪問
  7. 専門性の高い遺品整理士が常駐
  8. 成約で5000円分のギフトカードプレゼント
  9. 24時間体制で夜間対応だから安心
査定費用(見積り) 無料
出張費用 無料
送料 無料
遺品整理対応エリア 全国
査定時間 365日24時間対応
会員登録 不要
お支払い方法 現金・クレジットカード(VISA・マスター・JCB各種に対応)要相談
取扱いジャンル 遺品整理・不用品処分・お片付け全般

生前整理の相談なら遺品整理のプロ「ライフリセット」にお任せ!

ライフリセットでは全国に出張して見積もりをしてくれる無料サービスがあります。

不用品の整理はもちろん買取なども行っていますので、遺品整理や生前整理の相談をしたい方はまずはご相談ください。

全国無料出張対応で365日24時間対応!

  1. 見積もりのみの申し込みOK
  2. 見積もり等の利用料が完全無料
  3. 不用品は遺品供養してから処分
  4. 他社で断られた場合も依頼可能
  5. 日本全国無料対応
  6. お申込みから最短即日で訪問
  7. 専門性の高い遺品整理士が常駐
  8. クレジットカードでの支払いに対応
  9. 24時間体制で夜間対応だから安心
査定費用(見積り) 無料
出張費用 無料
送料 無料
遺品整理対応エリア 全国
査定時間 365日24時間対応
会員登録 不要
お支払い方法 現金・クレジットカード(VISA・マスター・JCB各種に対応)
取扱いジャンル 遺品整理・生前整理

不用品出張買取サービス「スピード買取.jp」

宝石や骨董品、ブランド品の買取ならスピード買取.jpにお任せ!

無料出張査定を依頼して納得いかなければ断ることも可能ですので、まずは相談してみましょう。

今が売り時!現金即払いでなんでも買取してくれる!


  1. 査定のみの申し込みOK
  2. 査定・送料(返却の場合も)等の利用料が完全無料
  3. お申込みから最短30分で訪問
  4. 他社で買取不可だった商品も買取可能
  5. 即日訪問即日買取で即現金化
  6. 日本全国対応可能
  7. 買取価格を網羅しているので他店よりも高額査定
  8. 専門性の高い査定員が常駐
  9. 査定は1点ずつ丁寧に行うので納得の値段が出る
  10. 女性社員が常駐しているので女性のお客様も安心
査定費用(見積り) 無料
出張費用 無料
送料 無料
買取対応エリア 全国
査定時間 最短30分
振込までの期間 即現金払い
会員登録 不要
取扱いジャンル 洋服・毛皮・靴・鞄・小物類・ブランド品・家電・バッグ・財布・時計・宝石・アクセサリー・生活雑貨・楽器・贈答品・化粧品・香水・お酒・着物・切手・古銭・金券・骨董品・その他
上記2社は遺品整理のプロの業者になりますが、生前整理で出た不用品の買取や処分も行っていますので気軽に相談してみることをおすすめします。

生前整理などで不用品買取業者に依頼する時に注意したいこと

生前整理や不用品買取業者に依頼する時に注意したいことは、「信頼と実績のある業者に依頼する」と言う点になります。

上記で紹介しました業者は全国対応でしっかりとした実績と信頼度があります。

ライフリセットに関しましては年間実績3000件にもなりますし、スピード買取.jpは毎月1万件を超える問い合わせ数がありどちらの業者も信頼度は抜群になります。

料金が安いからと言って実績のない個人の業者に不用品回収を依頼して、「貴重品がなくなった」などの被害も起こっていますので、依頼する際の業者選びには十分ご注意ください。

また、不用品買取の際に見積もりを行わない業者もありますが、こういった業者は論外になりますので絶対に依頼しないようにしましょう。

まとめ

遺品整理は残された家族に苦労を掛けてしまうケースがほとんどなので、最近では生前整理を積極的に行う人も増加傾向にあります。

また、生前整理を行うことで残された人生を有意義に充実させることもできますのでおすすめになります。

亡くなられてからでは処分に困るものや、残された家族が整理できずにそのまま放置と言うケースもありますので、なるべく生きている間に不用品の処分はしておいた方が良いのではないでしょうか。

心地よいシルバーライフを謳歌するためにも、元気なうちに生前整理を行ってみてはいかがでしょうか。

▼まずは5社に無料で査定依頼してみる

遺品整理を業者に依頼するメリット・デメリットと遺品整理業者選びに重要な4つのポイント

2017.05.11

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!