リサイクルショップの服買取相場と高く売る為のコツ

近所にあるリサイクルショップや古着屋に服を売りに持ち込んだことがある人も多いと思います。

実際私もリサイクルショップに洋服を持ち込んでほとんど値段がつかずにショックを受けて帰った経験があります・・・

それぐらい古着の買取相場は高くないのが現実なのです。

もちろん高級ブランドの洋服でしたらそこそこの値段がつきますが、そうでない場合は0円と言う場合もありますし、値段がついても1円、10円と言う事も良くあります。

要するに新古品やハイブランドの高級品を除いたものは、買取してもらえるだけありがたいと言うのが実情なのです・・・

それでも、捨てるよりはマシだし私は絶対に買取してもらうようにしています。

そこで今回は、服の買取で役立つ情報をお伝えしたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

リサイクルショップの服買取相場について

まずリサイクルショップではブランド品を除いて一般的な洋服の場合、新品の時の価格はあまり関係がありません。

ファストファッション系の洋服やノンブランドの洋服であればあるほど、流行りのデザインや色が重視されるのです。

巷では高級ブランド等の洋服の旬は1年と言われています。

その中でも国内ブランドに関しましては、基本的に有名海外ブランドの査定額と比較しても3~4割減となります。

このような場合で少しでも高く売るには、タグ付きの新品状態で1年以内に販売されていた洋服で、なおかつ季節感を意識して売ると言う事がポイントとなります。

しかし、新品で購入して一度も着ないで服を保管している人なんて相違ないと思うので、上記のような方法は不可能と言えるでしょう。

しかし、売る事を考えて状態を良く保管しておく事や、季節感を意識して買取してもらう事は可能ですよね?そうする事で、査定時に高い評価を得る事ができるのです。

夏に着る服は夏前に持ち込むのがベストだし、冬に着るコートやダウンは秋頃に持ち込むと通常よりも高値が付くと言われています。

しかし、ファストファッション系の服やノンブランドの洋服の場合は、基本的に買取不可な場合が多く、値段がついても1円や10円と言う場合や、おまとめ査定となり全部で500円と言うような場合も多々あります。

例えばノーブランドのTシャツを2000円で買った場合、その洋服をリサイクルショップに持ち込んでも500円以上の値段がつく事は無いでしょう。

逆にブランド品のTシャツで15000円のもので1年以内だと半値かもしくはそれ以上で買取してもらえる場合もあります。

この時に購入時のタグなどもあればなお良いでしょう。

洋服を少しでも高く売りたいなら相見積もりは必須

中古の古着等の需要は近年高まりつつあります。

なぜなら、長引く不況のせいで節約の時代だからです。要するに、ブランド服を新品で購入するよりも中古で購入する人が増えてきていると言う事です。

もちろん高級ブランドの服以外のファストファッション系の服もそうですしノンブランドの服もそうです。

つまり、今現在洋服は最も売りやすい商品と言う事なのです。

古着の需要があるからこそ、古着買取業者がたくさんあり、全て無料で利用する事ができるのです。

ですから、近所のリサイクルショップへ持ち込んで最低価格で買取してもらうよりも、古着を専門で買取している業者に買取をしてもらった方が高値で買取してくれると言う事なのです。

まずは、近所のリサイクルショップや古着屋に持ち込んで査定してもらうと良いでしょう。

そして、その場で即決するのではなく、服の宅配買取サービスを利用して査定してもらうのです。

そうする事で、どちらかの高い方で買取をして貰えばよいのです。

洋服を少しでも高く売る為のコツは「相見積もり」をする事です。

↓ノーブランドの服買取はこちら↓
>>フクウロの買取の評判と口コミ

↓ファストファッションの服買取はこちら↓
>>ウルウルの買取の評判と口コミ

↓ブランド品の買取はこちら↓
>>ブランディアの買取の評判と口コミ

服の宅配買取サービス人気ランキング

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!